• « 2017·10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  »
--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Categorieスポンサー広告  - - TOP

2007’09.13・Thu

大丈夫かな~(-_-メ)

2007.9.12-2.jpg




YGエンターテイメントのヤン・ヒョンソク理事が、米国に滞在している所属歌手SE7ENの近況を伝えた。



ヤン・ヒョンソク理事は12日、ホームページに「SE7ENは現在8曲のレコーディングを終えた状態で、音楽を聞いた周辺の人々の反応が非常に良い」と明らかにした。彼は引き続き「SE7ENの米国進出責任者であるMark Shimmelも、SE7ENが期待以上であると驚き、時間がたつほど予想より大きな構想を描いている」と鼓舞した心情を伝えた。



ヤン理事は「すべて申し上げたいが、なるべく言葉を慎まなければならないようだ」と控え目な立場を見せた。ヤン・ヒョンソク理事は米国に行って来た消息も一緒に伝え「数日前に進行された VMA授賞式で、最高振付師賞をジャスティン・ティンバーレイクの振付師であるマティが受けた。マティはSE7ENの2集タイトル曲『熱情』の振付師と同時にSE7ENとともに韓国で放送活動をした友人であるが、YGと一緒に働いた時もそれほど有名ではなかったが、ジャスティン・ティンバーレイクの『My Love』の振付後人気が沸騰した」と紹介した。



引き続き「公演5分前SE7ENが来たという消息に、マティを含みSE7ENとともに舞台に立ったジャスティン・ティンバーレイクのダンサーたちが観覧席(VIP席)まで尋ねて来て、SE7ENと会った」と付け加えた。



ヤン理事はSE7ENの言語習得能力に対しても、絶賛した。彼は「時々SE7ENの脳構造がどうなっているのか知りたいほどに、SE7ENの言語習得能力は驚くほど早い。日本語も上手だが、現在レコーディングされた曲の英語の発音には大きな問題がない水準だ。しかしインタビューを英語でこなすためには、現地に滞在しながら多くの努力をしなければならない時期だと思う。良いアルバムを作ることと同様に、とても重要なことだ」と明らかにした。



<出所:innolife>





とうとうアメリカ進出が本格化してきたようですね~



ちょっと心配ですね~



アメリカって進出は大変みたいですよね



頑張ってね~!!!



遠いところから応援してるよ~~
スポンサーサイト

Categorie韓国music  トラックバック(0) コメント(0) TOP

Next |  Back
Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。